日刊Ruro

健康増進、体力向上が中心に書いています。

あると便利なトレーニング小物1 可動域を広げ、胸を大きく開くので、猫背解消にも良いプッシュアップバー

今回は自宅トレーニングに便利な小物を紹介します。

皆さんおなじみの腕立て伏せ

 日本人にもとてもなじみのあるトレーニングですよね♪部活でも、よく「腕立て伏せ20回」とか、顧問の先生や先輩から言われていたのではないでしょうか。

 この腕立て伏せですが、たいていの方は床でやっていらっしゃるのではないでしょうか。

 ちょっとしたアイテムで効果が大きく上がります。こちらです。

 

プッシュアップバーを使うことでより深く沈み込むことができるのです。

 これを使うことで可動域が大きく広がるのです。可動域を広げると言うのはとても大切なことです。更に、胸を大きく広げることもとても健康に良いのです。

 猫背解消にも繋がるのです。猫背になって胸が狭まると、息切れしやすくなったり、姿勢が悪くなって内臓に負担がかかったりといろいろ弊害があります。そういう意味で、胸を大きく広げると言うのはとても大切なことなんです。

  Amazonでその他のプッシュアップバーも見る

呼吸も大切です。体を沈める時にゆっくりと大きく吸い、身体を上げる時にフーと吐きます。

 トレーニングの時に歯を食いしばる方も見かけますが、歯や歯茎に悪いので、口をすぼめて、ふっと声を出しながらすぼめた口から息を吐きます。身体を沈める時もすぼめたままスーーとゆっくり吸います。こうすると歯を食いしばらなくなります。

 ここで紹介させていただいた。プッシュアップバーは二つ重ねて片付けられるので、収納にも便利ですよ♪

負荷が高くてきついと言う方は、慣れるまでは膝をついて腕立て伏せをされると良いでしょう。

 重い負荷に耐えて苦しいトレーニングが良いとは限りません。膝をつくなどして楽な負荷で良いので、息を吐きながらゆっくり体を沈め、フーっと息を吐きながら身体を持ち上げる。雑に回数を多くするより、きちんとしたフォームと呼吸で丁寧に練習することが大切です。

 踏み台昇降用ステップ台を使い足の位置を高くすると、負荷をかける角度が変わります

 足元を高くすれば、より胸の上の方の筋肉を鍛えることができます。結果的にバストアップします。

 
créer 踏み台昇降 ステップ台 選べる4段高さ すべり止め 防音マット付 (ピンク(3段))

  このステップアップ台は高さが4段階に調節できるので、腕立て伏せ運動のバラエティーを増やせます。

 足元が高くなれば負荷は増えます。つまり、身体を上げる時に重く感じます。ハードに鍛えたい方はそのままで、そうじゃなければ、ステップ台に膝を乗っければ負荷が減ります。つまり軽くなります。

 つま先をステップ台に乗せると体幹への負担も増えます。もちろん、姿勢をキープすることで、体幹も同時に鍛えられます。ただ、腰に不安がある方はもしかしたらきついかもしれませんので、その時はステップ台に膝をのせ、胸の上の方に負荷をかけることに集中しましょう。

 もちろん、このステップ台は踏み台昇降運動に使うのが本来の使い道、狭いスペースで効率よく有酸素運動。しかも、下半身の筋力強化にも。

 因みに、高くして短時間なら筋力強化

レーニング終了後30以内のプロテインは効果が高いと言われています

 先日のタンパク質についての記事でも触れましたが、筋力トレーニングにより筋肉の一部が破壊され、十分なタンパク質を摂ることで、トレーニングをする以前より筋肉が強く大きくなります。筋肉が大きくならない場合も、筋肉の間にある脂肪(霜降り肉をイメージしてください)や筋肉周りの脂肪が減っているからで実は増えています。

 と言うことで筋トレする人は特に意識してタンパク質をしっかり摂りましょう。

 

ruro337.hatenablog.com

 



 

 読者登録をいただいた皆様、Twitterをフォローしてくださった皆様、ありがとうございます。登録いただいた方、フォローしていただいた方はこちらからも登録あるいはフォローをさせていただきます。今後もよろしくお願いします。