日刊Ruro

健康増進、体力向上に関するテーマを中心に書いています。

新型コロナウイルス感染症 免疫 抗体 T細胞免疫 集団免疫 のまとめ 京都大学 上久保教授 お勧め動画 など

日本では新型コロナウイルス感染症はほぼ収束したようです。

 もちろん今なお病気で苦しんでいらっしゃる方がいらっしゃることは存じ上げております。現在も闘病中の皆様には1日も早く快癒されることをお祈りしております。

 こちらの記事は新型コロナウイルス感染症収束に伴い、いったん閉鎖ののちに、リライト(2020/09/11)し、再度掲載したものです。

 Google検索でこちらの記事を見つけてくださる方が多いため、こちらに「新型コロナウイルス感染症」カテゴリーの閉鎖理由と新型コロナウイルス感染症のまとめを書かせていただきました。

 現在の日本の状況を見るに、もう今後はコロナからの立ち直りに注力すべきポストコロナに入ったと判断しています。

 そのような現状を鑑み、当ブログでは「新型コロナウイルス感染症」のカテゴリーを閉じさせていただきました。

 それに伴い、新型コロナウイルス感染症に関わる記事の大半を閉じさせていただきました。

 現在は、感染症に負けない身体づくり、健康的な生活をテーマに書かせていただいています。

 よろしければご一読ください。

ruro337.hatenablog.com

 

京都大学大学院医学研究科特定教授 上久保靖彦氏の集団免疫

 私個人としては、上久保特定教授の集団免疫説を信じております。現在収束しつつあるのも多くの人が自然免疫、T細胞免疫、いわゆるキラー細胞免疫、そして、抗体の力で十分対処できているからだと考えています。

 詳しくはこちらの記事をご覧ください!

ruro337.hatenablog.com

 最も深刻だったのは3月から5月

f:id:ruro337:20200812090413j:plain 

 この時期はたくさんの方がお亡くなりになりました。

 あくまでも私見ですが、だんだんと免疫獲得者が増えてのと、新型コロナウイルス感染者への治療方法が次第に確立されて行ったことのダブル効果で、陽性と診断されても発症しない人が増え、中等症から重症になる人も減り、重傷者の救命率も上がったものと思っています。

経済界はとても正直

f:id:ruro337:20200911133847j:plain

 第二波と騒がれていた時期には経済界はもう収束に向かっていると判断して、株価は上がったまま。

 私事ですが、谷間のちょっと手前で買い、底値で買い足し、日経平均が23,000円台まで回復する直前で売り。少しばかり小遣い稼ぎをさせていただきました。次の買ポイントは米中関係を見定めて決めます。

 投資の話ついでに、あまり詳しくない方はロボ投資がオススメです。特に、ドコモユーザーの方にはこちらがオススメ!

 

 ドコモ口座で問題が起きましたが、あれはドコモユーザーには全く関係ないようですのでご安心ください。ドコモユーザー以外の方でドコモ口座をお持ちの方で起きたみたいです。被害にあわれた方も、ドコモが賠償するようです。

上久保先生の動画はほとんどYouTubeで見れます。PCRの真相のみVimeoで観れます

個人的には新型コロナウイルスはインフルエンザより致死率が低いと思っています

 まずはこちらのグラフをご覧ください

f:id:ruro337:20200901211837j:plain

 昨年1月だけでも、インフルエンザでお亡くなりになった方は、これまで日本国内で亡くなられた全ての新型コロナウイルス感染死者数よりも多いです。致死率を語る際の分母の総感染者数などどちらも知る由もないのです。

 どちらのウイルスについても無菌室にいる人を除けば誰もがウイルスに曝されていると考えられますので、死者数の多い方が致死率も高いと考えてもそれほど間違っていないように思います。

 もちろん、この考え方はコロナウイルスやインフルエンザのように広く蔓延しているウイルスについての話であり、エボラなどは該当しません。