日刊Ruro

健康増進、体力向上に関するテーマを中心に書いています。

1日に16時間以上、食べない時間を作る食事法 8時間ダイエット

 例えば、午前10時にブランチ 午後6時までには夕食を食べ終わる

 そして、次の日の午前10時までは何も食べない。

 すると、午後6時から翌日10時までは何も食べないことになりますよね。 

 これが8時間ダイエット

 ここでは便宜的に10時から18時の間に食事を済ますと言う例をあげましたが、大切なのは食べない時間が連続して16時間以上あることのです。

 内科医の医学博士 青木厚先生 が書かれた記事がありますので紹介します。

tokusengai.com

 要点をまとめると 

 食べない時間が細胞の修復機能をオンにする

 空腹の時間を設けないと内臓は疲れる

 飽食で栄養過多な状態に体は適応できない

 ダイエット目的だけなら食べない時間は12〜14時間でも良い

 食べない時間の設定は自分のライフスタイルに合わせる 

 詳細は上の記事を読んでみてくださいね

 

 私は4月にフリーになってから、この方法は知らないまま。結果的にそうなってました。

 「腹が減ったら食べればいいんじゃん」と思って行動してたらそうなってました。 

 4月から6月末頃の間に6キロ体重が減ってそのままです。

 7月の健康診断では、昨年までよりかなり良くなっていました。

 中性脂肪が正常値を大きく超えていたのも、正常値に入ってました。

 その8時間の中でトレーニングもして、プロテインバーを食べたり、トレーニング後シャワーを浴びて食事をしたりしてました。

 

 さて、いかがでしたか。ご自分の生活スタイルの中で、食べない時間をどこに設定すれば良いか、24時間時計を使って考えてみましょう。

f:id:ruro337:20200808150701j:plain