日刊Ruro

健康増進、体力向上に関するテーマを中心に書いています。

新型コロナ 免疫獲得に必要なのは抗体だけではない スウェーデンの実態から見る データ更新

COVID-19の免疫をめぐる議論は抗体が軸になっている。Y字形をしたタンパク質で、「標的を撃ち落すミサイル」のように働く抗体だという。

それらは、新型ウイルスにくっつき、細胞に入り込む前に中和する。

抗体が新型ウイルスを中和できなかった場合は、ウイルスは細胞内に入り、その細胞をウイルスの製造工場にしてしまう。

一方、T細胞は、すでに感染した細胞を狙って完全に破壊し、健康な細胞に広がるのを食い止める。

T細胞は抗体と同様、記憶力をもつ免疫システムのごく一部だ。特定のウイルスを一度認識すると、そのウイルスに感染した細胞を素早く狙い、殺してしまう。

 

上記の一節は以下の BBC news の記事からの引用だ。

www.bbc.com

jp.reuters.com

 

T細胞による免疫機能については、昨日の日本における集団免疫の状況に関する記者会見の中でも触れられていました。

 

新型コロナ集団免疫 奥村教授と上久保教授の記者会見が大手メディアにスルーされる?! - Ruro’s blog

 

日本人は既に集団免疫を獲得している?新型コロナ - Ruro’s blog

 

さて、スウェーデンはロックダウンをせずにとても多くの死者を出したことで有名ですが、現在はかなり落ち着いてきているようです。

f:id:ruro337:20200730111759j:plain

新規感染者数

f:id:ruro337:20200730111843j:plain

新規死亡者数

このグラフを見ると、新型コロナウイルスによる死者数は右肩下がりに推移しています。

 

スウェーデン政府の発表によると、抗体とT細胞の免疫機能をあわせると、ストックホルムでは既に40パーセントの人が免疫を獲得し、集団免疫が達成されているとのことです。

 

あるスウェーデン移住者の方が、スウェーデンにおける最近の新型コロナ事情を説明していらっしゃる動画も紹介しますので併せてご覧ください。


【新型コロナ】スウェーデンに第二波は無し | 最新の集団免疫状況